ルプルプ 成分

ルプルプで髪が傷まないのは結局どういう理由?

美容院や市販の安価な白髪染めを使ったために髪が傷んでしまったとい
う経験をした方は多くいらっしゃると思います。

 

なぜ、美容院や市販の安価な白髪添めだと髪が傷むのでしょう?
まず、カラーリング剤の分類をみていきます。

 

永久染毛剤 ヘアダイ・ヘアカラー

きれいに染まり、色持ちも2か月から3か月と長い。
その代わり、髪の毛や頭皮を傷める可能性がある。

 

半永久染毛料 ヘアマニキュア

比較的早く色落ちするが、髪の毛の傷みは少ない。

 

一時染毛料 カラースプレー

簡単に染まるが、一回の洗髪ですぐ落ちる一時的な白髪染め。

 

 

体に悪影響な物質と症状とは?

美容院で使用する白髪染めというのは、上記の永久染毛剤のヘアダイを指します。

 

ドラックストアに売っているものは、ヘアカラーやヘアマニキュアなどいろんな種類があります。

 

では、次に体に悪影響をもたらす物質や症状を見てみます。

 

発がん性(特に乳がん)

原 因 酸化染料フェニレンジアミン、アミノフェノール

 

血液障害(貧血、痴呆、微熱、息切れ)

原 因 ヘアダイの毒素が血液を循環して起こる。

 

かぶれ

原 因 酸化染料 パラフェニレジンアミン

 

失 明(視力低下、眼底出血などの報告あり)

原 因 目にヘアダイに含まれるアンモニアが入ってしま
うことで角膜を傷つけます。

 

子宮への影響(子宮内膜症・子宮筋腫)

原 因 頭皮からヘアダイ成分が入ることで起こる。

 

 

これらを見て同感じますか?強い薬剤を使うというのは、実はかなり怖いことだということが理解できます。

 

ルプルプはもちろんこのような危険な成分は一切使っていません。
それだけでも安心ですが、ガゴメ昆布、天然染料、海洋深層水といった天然成分にこ
だわって髪の毛や頭皮をケアしながら染めていきます。

 

だから、ルプルプは髪の毛を傷めないのです。
傷まない白髪染めルプルプはこちらがお買い得です!