市販の白髪染めはおすすめできない?

市販の白髪染めはおすすめできない?

市販のドラッグストアで販売されている値段の安価な白髪染めは、残念ながらおすすめできません。天然成分であればそれなりに値段もしますし、長期間保存ができないので通販サイトでの購入になります。

 

市販のものはほぼ合成薬剤が入っていると考えて良いからです!

 

よく安い白髪染めを買うと頭皮に薬剤がしみてヒリヒリすることもあります。しっかり染まるのはいいことなのですが、それだけ刺激も強いということです。

 

白髪染めには過酸化水素という脱色剤が配合されています。

 

きれいに染めることができるように、最初は脱色します。頭皮から浸透した脱色剤はじわじわと後遺症が出ることもあります。けい皮吸収といって皮膚から吸収された薬剤は血液に混じって全身を巡り、顔や体の一部が腫れたり、熱が出るといったケースがあります。

 

これは、噂レベルではありませうが、使い続けると一時的な障害ではなく、脳や内臓、女性であるならば胎児にも染色剤の毒性が流れる危険性があるとも言われています。

 

■ジアミン
皮膚への刺激もアレルギー反応、皮膚炎、発疹、発熱、発ガン性、ぜんそくの可能性

 

■アミノフェノール
皮膚への刺激が強くアレルギー反応、発がん性、環境ホルモンの可能性

 

■タール色素系
発がん性の可能性が高い。内臓障害。黒皮症、皮膚炎

 

■レゾルシン
甲状腺機能障害。アレルギー反応。発がん性物質

 

これらの薬剤の名前が入っている場合、健康被害が考えられます。白髪染めを使うと余計に他の黒髪まで白髪に変えてしまうことがあります。

 

また、薄毛も増やしてしまいます。それだけ髪の毛や頭皮に与えるダメージが大きいということでしょう。

 

だから、トリートメントタイプの白髪染めがおすすめです。一度でしっかりと染まるわけではなく、徐々に染めていくので、髪や頭皮に優しいのです。

 

トリートメントタイプの白髪染めなら、当サイト一押しのこちらがおすすめです!

 

トリートメントタイプの白髪染めはこちら